相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

Q&A 相続人が認知症の場合、遺産分割協議はどうする?
2018.02.23

Q 
1ヵ月前に父親が亡くなりました。相続人同士で遺産分割協議を行いたいのですが、母親が認知症を患っており、意思を確認できない状況です。どうすればいいですか?

A
成年後見制度を活用して母親の代理人を決め、
遺産分割協議を行いましょう。

相続人が認知症の場合、遺産分割協議はどうする?

代理人は親族だけでなく、弁護士や司法書士といった専門家にも依頼できます。

認知症にかかっている相続人がおり、
遺産分割協議ができないというケースが最近増えてきています。

遺言書がなければ
遺産を相続人同士で話し合って分け合うことになりますが、
意思判断ができない相続人がいると遺産分割協議は難航してしまうでしょう。

認知症にかかっている方にも相続人としての権利がありますので、
その人を無視して遺産分割協議はできません。

このような場合だと、
まず家庭裁判所に対して成年後見人選任の申立てを行い、
成年後見人を選任してもらう必要があります。

成年後見人は被後見人(今回の事例だと母親)の代理人として、
財産状況や生活の状況を検討しつつ、
被後見人にとって最も有利と判断されるよう遺産を調整すべきとされています。

遺産分割協議がまとまれば、
成年後見人を含めた協議参加者によって遺産分割協議書を作成しましょう。

成年後見制度によって立てられた代理人は、
遺産分割協議以外にも財産の管理やそれに関わる手続きや契約などを行えます。

成年後見人には親族が選ばれるケースが多いのですが、
弁護士や司法書士といった専門家に依頼してもかまいません。

被後見人の財産は成年後見人が管理しますが、
成年後見人が好き勝手にできるわけではありません。

事務内容については家庭裁判所へ定期的に報告しなければならず、
家庭裁判所の監督を受けることになります。

「相続・贈与相談センター 」は、相続に関する専門家集団のネットワークです。
税理士、弁護士、司法書士、不動産鑑定士などネットワークを組んでお客様の相続に関する問題を解決します。

不明点があれば、お気軽にご相談くださいませ。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.