相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 76.9% とは?
2018.03.12

『司法統計』によると、平成28年の遺産分割事件における手続代理人弁護士関与率は76.9%でした。

当事者のいずれかに手続代理人弁護士が関与した事件の割合は、長らく6割台で推移していましたが、平成23年以降は毎年純増しており、平成28年で76.9%(9,369件/12,188件)に達しました。

これにより、より多くの人が遺産分割の相談を弁護士にするようになったことがわかります。

なお、手続代理人弁護士の関与がある事件の方が、その関与がない事件よりも平均審理期間が長い傾向にあります
平均は12.3か月で、弁護士の関与がない場合の1.6倍時間かかっております。

裁判の長期化を見越し、事前に『法的に有効な遺言書』と『相続財産の目録』を用意することをお勧めします。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.