相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 10万5,350件 とは?
2017.12.12

日本公証人連合会の発表によると、平成28年の『公正証書遺言』の作成件数が「10万5,350件」であることがわかりました。

この件数は年々伸びており、平成12年と比べると4万件以上増加しています。

『公正証書遺言』とは、裁判官や検察官を経験した公証人が依頼者の意思を法律や形式の不備がないように書面化する遺言のことです。

作成には手数料がかかりますが、遺言が無効になるということがありません。

なお、平成28年の死亡者数は129万6,000人。それに対して『公正証書遺言』を作成している人の割合は約8%です。

今後もこの割合が増えてくれば、相続争いを防ぐきっかけになるかもしれません。

相続・贈与について少しでも関心がある方は、お気軽にご相談ください。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.