相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 71,762人 とは?
2017.07.12

国税庁が発表した「統計年報」によると、平成27年に有価証券を相続財産として残した被相続人数は「71,762人」いることがわかりました。


この数値は年々伸びており、平成26年と比べると2万人弱も増えています。有価証券とは、株式や公債、社債などを指します。

有価証券は現金とは違い、評価額によって課税額が変化する資産です。事前に対策をしておかなければ多額の相続税を支払うことになりかねません。

有価証券(特に未上場株式)の評価方法は複雑なものが多いので、専門家と相談して対策を講じることをお勧めします。

自社株相続の失敗事例の記事も合わせてご覧いただき、他山の石として対策をお考えください。

相続・贈与について少しでも関心がある方は、お気軽にご相談ください。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.