相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 99.93%
2018.06.21

 今年3月、中華人民共和国では『高齢者の99.93%が、“相続人が相続する財産は個人財産であり、夫婦の共同財産ではない”と遺言書に明記することを望んでいる』と中国新聞網(中国新聞社が運営するWEBサイト)が報じました。

つまり、仮に子に財産を相続させる場合“その財産は子だけのものであって、子の配偶者との共有財産にはならない旨”を遺言書に記したい高齢者がほぼ100%だということです。

その背景には、若者の離婚率の上昇が関係しており、子へ相続させた財産が離婚の財産分与によって配偶者に流れてしまうことを防ぎたい親の想いがあるようです。

日本でも、相続や遺産分割に関するトラブルは多発しています。

相続にまつわる事例をもとに、相続トラブルの防止策については、下記の記事も合わせてご覧くださいませ。

遺産分割に期限ってあるの?

相続トラブルは遺産額5,000万円以下が約8割! 遺産争いを防止する3つの対策とは?

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.