相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 4,566億円とは?
2018.08.11

平成30年5月、国税庁は『平成29年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について』を発表。
『平成29年分の住宅取得等資金の非課税の申告状況』について、申告人数は58,000人、非課税の適用を受けた金額が4,566億円であることがわかりました。

平成30年時点において、直系尊属から新築などの住宅取得資金を取得した場合の非課税限度額は、“一定の省エネ基準を満たした住宅”が1,200万円、“それ以外の住宅”は700万円です。
なお、平成31年4月1日~平成32年3月31日までに住宅取得に係る契約を締結し、消費税率(※1)が10%の場合は、非課税限度額が最大3,000万円(※2)となります。
住宅取得資金の非課税が適用されるためには、さまざまな要件をクリアしなければなりません。

▽『住宅取得等資金の贈与税の非課税制度』についての記事はこちら▽
http://zaisan-partners.com/column/2012.html

合わせてぜひ一読ください。

※1 住宅用家屋の新築等に係る対価等の額に含まれる消費税等の税率。
※2 一定の省エネ基準を満たした住宅の場合。それ以外の住宅は2,500万円。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.