相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 1,070億円
2018.09.13

平成28事務年度の国税庁の相続税調査によれば、
税務調査により指摘された現金・預貯金の申告漏れ課税価格は1,070億円でした。

申告漏れ課税価格の総額3,295億円のうち預貯金が占める割合は3分の1で、
有価証券535億円、土地383億円に比べて断トツに多い数字となっています。
 
中には意図的な隠蔽などではなく、
そもそも申告が必要とは知らずに放置しているケースも少なくないようです。

預貯金が相続財産にあたらないと判断していたのに、
申告漏れを指摘される典型的なケースが『名義預金』です。

相続時に慌てないためにも、預貯金が名義預金となっていないか事前に確認し、
場合によっては対策も必要です。

▽『名義預金』についての記事はこちら▽

現金や預金が 名義預金と指摘されるケースとは?


合わせてぜひ一読ください。

気になることや悩んでいることがございましたら、
お気軽にご相談くださいませ

▽ お問い合わせはこちらからお願いいたします ▽

お問い合わせ

相続や事業承継に関する情報をメールマガジンにて配信しております

新聞や雑誌に載らない、現場で起こった事例など、相続対策の豊富な経験や、知っておくと安心できる情報を多数ご紹介しております。
登録料・月額費用は無料です。
購読ご希望の方は  まで、お名前とメールアドレスを送ってください。

メールマガジン例

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.