相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

後継者がいない!? 中小企業の経営者が抱える『2025年問題』
2018.11.26

国内企業の9割以上を占め、日本経済を支える中小企業。

しかし、多くの中小企業経営者の平均年齢は上がる一方で、
経営者交代がスムーズに行えていないのが現状です。

この深刻な事業承継問題を放置することは、今後、国内の生産性低下を招くのではないかと懸念されており、緊急の対策が求められています。

日本経済を揺るがしかねない
事業承継問題

2017年10月経済産業省発表『中小企業・小規模事業者の生産性向上について』によれば、

2025年までに70歳以上となる中小企業・小規模事業者の経営者は全国で245万人、
このうち約半数にあたる127万人の後継者が未定です。

このままだと、多くの中小企業が廃業を余儀なくされることになり、
今後10年間、累計で約650万人の雇用が失われ、約22兆円の国内総生産(GDP)の損失が予想されています。

こうした状況に対して、政府は中小企業の事業承継を促進するために、
2017~2021年度までの5年間に、税制改正や補助事業などを通じて支援するとしています。

政府はM&Aも支援

事業承継問題を解消する方法に、M&A(合併・買収)がありますが、政府はこのM&Aについても支援しています。

手数料が少なく、なかなか活発化しない売上高3億円以下の小規模な企業の事業承継を喚起するために、2019年度から仲介業者などが企業情報を共有・閲覧・検索できるデータベースの運用を開始するとしています。

政府は、中小企業のM&Aは生産性向上に寄与するものと位置づけ、マッチングのさらなる強化を課題としています。

事業承継やM&Aについて、気になることや悩んでいることがございましたら、
お気軽にご相談くださいませ

▽ お問い合わせはこちらからお願いいたします ▽

お問い合わせ

相続や事業承継に関する情報をメールマガジンにて配信しております

新聞や雑誌に載らない、現場で起こった事例など、相続対策の豊富な経験や、知っておくと安心できる情報を多数ご紹介しております。
登録料・月額費用は無料です。
購読ご希望の方は  まで、お名前とメールアドレスを送ってください。

メールマガジン例

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.