相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 46.5% とは?

 これは、「一般社団法人 全国優良石材店の会」が実施した「2017年お墓購入者アンケート調査」(有効回答数2,423)の中で、「子が親のお墓を建てる事について」という質問に「当然だと思う」と回答した人の割合です。  アン […] 続きを読む →

数字でみる相続 76.9% とは?

『司法統計』によると、平成28年の遺産分割事件における手続代理人弁護士関与率は76.9%でした。 当事者のいずれかに手続代理人弁護士が関与した事件の割合は、長らく6割台で推移していましたが、平成23年以降は毎年純増してお […] 続きを読む →

Q&A 老人ホームで亡くなった父の自宅は 小規模宅地等の特例を受けられる?

Q先日老人ホームに入所していた父親が亡くなりました。 父は自宅を所有していて、私は相続税を少しでも安く抑えたいと思っています。この場合小規模宅地等の特例を受けることはできるのでしょうか? A受けられます。 (条件を満たす […] 続きを読む →

財産管理・遺産承継の手法である『民事信託』とは?

65歳以上の高齢者の4人に1人は、認知症及びその予備軍になると言われています。 もし自分の親が認知症になった時、遺産分割はどうするのか? 一つ間違えば、“争続”の原因にもなりかねません。 そこで注目されているのが 『民事 […] 続きを読む →

収益不動産の相続対策は、 賃貸物件の法人化を検討しましょう!

近年相続税対策も兼ねて、アパートなどの収益不動産に投資される方が多いと聞きます。 しかしながら収益不動産を親が購入した場合、毎月の家賃収入で所得税率が高くなることで納税が増え、また相続財産がどんどん膨らんでいくことが多々 […] 続きを読む →

Q&A 相続人が認知症の場合、遺産分割協議はどうする?

Q  1ヵ月前に父親が亡くなりました。相続人同士で遺産分割協議を行いたいのですが、母親が認知症を患っており、意思を確認できない状況です。どうすればいいですか? A 成年後見制度を活用して母親の代理人を決め、 遺産分割協議 […] 続きを読む →

複雑な家族構成の家庭は相続争いが起きやすい? 遺言書の内容を見直しておこう

最近は家族構成が複雑な家庭が増えてきています。 生涯独身で暮らす方や同性婚をした方、 若いうちに配偶者に先立たれた方など、例を挙げればきりがありません。 イレギュラーな家族構成だと、 相続時に問題が起こる可能性が高いので […] 続きを読む →

収益力も贈与したい! 節税もできる築古アパートの贈与とは?

家賃収入が安定している築古アパートを子に贈与することで、 節税しつつ、収益力を子に贈与することができます。 特に、築年数の古い建物であれば、 建物の評価が低いため、この効果は絶大です。 今回は、親が子にアパートを贈与する […] 続きを読む →

数字でみる相続 10万6千人 とは?

国税庁が2017年12月に発表した『平成28年度分の相続税の申告状況について』によると、相続税の課税対象になった被相続人数は10万6千人でした。 これは平成28年度中に亡くなった被相続人数の8.1%に相当します。 なんと […] 続きを読む →

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.