相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

境界問題
2014.03.17

相続財産である不動産の境界がもとでトラブルが発生するケースは少なくありません。
公図や登記上では、しっかりと境界が存在していても、実際に現地に行ってみると、隣地との境界がまったく違うことも珍しくありません。

●隣の不動産が侵食している
●置石が崩れていて境界が不明瞭

といった場合があるので、注意が必要です。

問題の解決方法

境界がはっきりしない場合はどうすればよいのでしょう?
以下のような方法で解決にあたりましょう。

●境界確定の訴えを起こす
●土地家屋調査士に相談
●境界問題相談センターなど裁判外の紛争解決機関(ADR)に相談
●筆界特定制度を利用

どんな場合でも境界問題で困ったときは、相続の専門家に相談し、公正な立場で判断してもらうことが最善策といえるでしょう。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.