相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

借金がある場合には?

親に借金があると、相続が起きたときにはどうなるのでしょうか。

相続で譲り受けるものには借金も含まれます。いざふたを開けてみたら、財産よりも借金や滞納していた税金の方が多かったというのではたまりません。借金が気になるような場合は、心配していることを親に率直に話して実態を確認しましょう。

借金をしていることは誰にも知られたくないものです。しかし万一本人が死亡して相続が発生すれば、その事実や金額などの詳細もすべて明らかになります。相続時に子供は必ずしも借金を肩代わりをしなくてもいいのですが、本来受け取れるはずだった財産がなくなったり目減りすることになります。借金を含めた財産の現状について、子供を含めた家族で話し合うべきです。借金が多くてもその額を正確に伝えましょう。知らないていると後でお子さんが困ることになります。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.