相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

争族になりやすいケースは?
2014.03.20

相続が発生したときに“争族”になりやすいのは、どんな家族でしょうか。

「幸福な家庭はみな似たようなものだが、不幸な家庭はさまざまだ」という言葉があります。また一見幸せで仲むつまじい家族のようで、実態はそうではないことも少なくありません。ですからこんな家族が“争族”を起こすとは言いきれませんが、次のようなケースは特に注意が必要です。

・親と同居しているきょうだいがいる
・家業を継いだり、土地を継承するきょうだいがいる
→ひとりだけ立場が違いますが、他のきょうだいも「平等」に相続分を要求してくることが考えられます。

・家族、親戚が多い
→話が複雑になりがちです。

・相続人となる人間同士のつきあいが疎遠
→遺産分割がまとまらないことが考えられます。

・親の具合が悪く会話するのも難しい
・遺言書がない
→親(被相続人)の意思が分からないと争いの元になります

これらに該当しない家族でも、相続の準備を早めに始めておくに越したことはありません。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.