相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

熟年離婚した場合はどうなる?
2014.03.13

父と母の間で離婚の話が進んでいるようです。自分たち子供も自立しているので、本人たちに任せるしかないのかもしれません。ただ親に相続が発生したときに問題が起きるようなことはないでしょうか。

最近は「熟年離婚」で一人の生活を始めたり、新しい相手と暮らすことも増えています。このときに問題になってくるのが、万一のときに葬儀は誰がやるのか、相続をどう進めるかということです。

特に子供がいる人と再婚したり、さらにその子供と養子縁組をしたりすると、相続時に話がややこしくなります。お父さん、お母さんがそれぞれどのような相続を考えているのか、財産配分をどうするつもりなのかを確かめておく必要があります。

熟年離婚の場合は、再婚相手と前配偶者の子供との関係が微妙なものとなります。できれば遺言を書いておいてもらうようにしましょう。遺言書があることで、本人の意に沿った形で遺産分割が可能になり、残された人たちの間で生じがちな争いを最大限回避できます。

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.