相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 65~74歳

国土交通省の『平成25年土地基本調査総合報告書』によれば、 現住居・現住居以外ともに、土地の所有者として最も多かった年齢層は65~74歳でした。 特に、現住居の土地を所有する65~74歳の世帯主は600万世帯を超えていま […] 続きを読む →

Q&A 塩漬けにしていた“タンス預金” 相続の際の申告は必要?

Q 亡くなった人がずっと自宅に保管していた現金などのいわゆる“タンス預金”。相続の際に申告は必要でしょうか? A 相続財産には、被相続人が保有していた現金などの資産も当然含まれます。そのため、自宅に保管されているタンス預 […] 続きを読む →

不動産の活用(2) ~相続対策としての土地活用方法の変化~

来たるべき相続に備え、 所有する不動産で節税や収益の仕組みをできるだけつくっておきたいもの。 昨今は土地所有者の高齢化が進み、相続対策としての土地活用が急務となっています。 従来はアパートやコインパーキングなどが主流でし […] 続きを読む →

事業承継成功のために⑩ ~新・事業承継税制の留意点~

事業承継の新税制は従前税制と比べて、税務メリットがとても大きくなっています。 さらに、それぞれの要件も大幅に緩和されたため、利用しやすくなりました。 そのため、前向きに検討している人も多いのではないでしょうか。 しかし、 […] 続きを読む →

数字でみる相続 1,064,695件

法務省が発表している『登記統計』によれば、平成29年の相続その他の一般承継による不動産の所有権移転登記件数は1,064,695件、 不動産の個数は4,421,755件となっていました。 また、国税庁が発表している平成28 […] 続きを読む →

Q&A  相続人同士で土地を交換すると、 所得税がかかる?

Q 父が住んでいた土地を兄弟2人で相続し、そこに兄が住むことになりました。弟の相続分の土地と、兄がすでに住居用に買っていた別の土地を交換するとき、所得税はかかりますか? A 原則として、不動産の売買や贈与で不動産を取得し […] 続きを読む →

不動産の活用⑴ ~不動産評価額はどのように決定するのか?~

国税庁の調査によれば、相続財産の40~50%が土地や建物となっています。 相続税の節税対策をするためにも、所有する不動産はどれくらいの相続税評価なのかを知っておくことは大切です。 不動産は土地と建物で相続税の評価となる基 […] 続きを読む →

確定申告のペナルティとは?

芳しい沈丁花の香りに、早くも春の到来を感じております。 さて、確定申告の期限は3月15日ですね、申告はお済みでしょうか? 期日を過ぎても、確定申告はできます。 しかし、確定申告の期限に間に合わなかった場合は、 ペナルティ […] 続きを読む →

事業承継成功のために⑨ ~新・事業承継税制の手続きの流れ その2~

事業承継を行うことで発生する負担は、中小企業が抱える課題の一つです。 そこで、ぜひ利用してほしいのが、贈与税や相続税を無税にする新・事業承継税制です。 前回は、承継計画書の作成から贈与税が全額免除されるまでの流れをご紹介 […] 続きを読む →

12345« 前のページ08へ1020

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.