相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

Q&A 塩漬けにしていた“タンス預金” 相続の際の申告は必要?
2019.04.10

Q 亡くなった人がずっと自宅に保管していた現金などのいわゆる“タンス預金”。相続の際に申告は必要でしょうか?

A 相続財産には、被相続人が保有していた現金などの資産も当然含まれます。そのため、自宅に保管されているタンス預金についても申告の必要があります。

相続税を計算するベースとなる相続財産には、タンス預金も含まれます。
相続人は、被相続人が保管していたタンス預金などの現金を集計して申告する必要があります。

しかし、タンス預金は、その存在を証明する証拠がないことも多く、
近親者などが勝手に持ち去ってしまったり、紛失したりして、トラブルになることもあります。

相続人になった場合、まず被相続人が保管していたタンス預金を確認しておきましょう。

相続に際し、「タンス預金は、申告しなくても見つからないのでは… … 」と考えてしまいそうですが、
税務署は確定申告をしている場合、被相続人の生前の所得金額を把握しており、税務調査では銀行や証券会社の口座を調査できます。

生前所得に対して預金残高が少ない、
死亡直前に多額の現金が引き出されている、などが調査で明らかになれば、相続人が事情の説明を求められることになるでしょう。

過少申告や無申告が発覚した場合には、5~20%の加算税が課せられる可能性があります。
隠蔽や偽装があると判断された場合には35~40%の重加算税が課せられます。そのような判断がなされないよう、正確に申告することが大切です。

相続人にとって自宅などに保管されていた遺産は、正確に把握することが難しい財産です。
また、貸金庫や他人に預けている財産も相続の対象になりますが、相続人が存在を把握できていないケースもあります。

実際に相続になった時に困らないよう、被相続人と資産の保管状況を共有しておきましょう。

相続や贈与について、気になることや悩んでいることがございましたら、
お気軽にご相談くださいませ

▽ お問い合わせはこちらからお願いいたします ▽

お問い合わせ

相続や事業承継に関する情報をメールマガジンにて配信しております

新聞や雑誌に載らない、現場で起こった事例など、相続対策の豊富な経験や、知っておくと安心できる情報を多数ご紹介しております。
登録料・月額費用は無料です。
購読ご希望の方は  まで、お名前とメールアドレスを送ってください。

メールマガジン例

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.