相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

数字でみる相続 65~74歳
2019.04.15


国土交通省の『平成25年土地基本調査総合報告書』によれば、
現住居・現住居以外ともに、土地の所有者として最も多かった年齢層は65~74歳でした。

特に、現住居の土地を所有する65~74歳の世帯主は600万世帯を超えています。

さらに報告書によれば、個人世帯が所有する土地は11万6,361km2、資産価値にして598.4兆円。
日本の国土面積が約37万8,000km2ですから、国土の1/3近くは個人世帯が所有していることになります。

相続対策をしないままに相続が発生してしまえば、
税金や維持費のかかる空き地や空き家を所有することになってしまいます。

所有者の高齢化は、そのまま相続人の高齢化にもつながります。
早いうちから相続対策をしておきましょう。

相続対策としての土地活用方法についての記事も、あわせてぜひご一読ください。

相続や贈与について、気になることや悩んでいることがございましたら、
お気軽にご相談くださいませ

▽ お問い合わせはこちらからお願いいたします ▽

お問い合わせ

相続や事業承継に関する情報をメールマガジンにて配信しております

新聞や雑誌に載らない、現場で起こった事例など、相続対策の豊富な経験や、知っておくと安心できる情報を多数ご紹介しております。
登録料・月額費用は無料です。
購読ご希望の方は  まで、お名前とメールアドレスを送ってください。

メールマガジン例

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.