相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

親から借りたお金が贈与に!? 思わぬ課税に要注意

自分の家を購入する費用や自分の子供の教育費用など、 さまざまな事情から、両親に借金をすることがあります。 この借金が贈与とみなされれば、贈与税が課税されてしまいます。 仮に子や孫への贈与の場合2,000万円の贈与だとみな […] 続きを読む →

数字でみる相続 1,070億円

平成28事務年度の国税庁の相続税調査によれば、 税務調査により指摘された現金・預貯金の申告漏れ課税価格は1,070億円でした。 申告漏れ課税価格の総額3,295億円のうち預貯金が占める割合は3分の1で、 有価証券535億 […] 続きを読む →

平成30年度の税制改正によって 何が変わった? その2

前回より、 平成30年度の税制改正により条件が変更となった6つの制度を取り上げ、 その変更点をお伝えしています。 ▽前回の記事はこちら▽ http://zaisan-partners.com/column/2025.ht […] 続きを読む →

現金や預金が 名義預金と指摘されるケースとは?

毎年暦年贈与で相続税対策をしていたのに、 税務署から名義預金とみなされて相続財産に加えられてしまうといったケースがあります。 そうなると延滞税や加算税がかかることも……。 では、現金や預金が名義預金とみなされるのはどうい […] 続きを読む →

事業承継成功のために③~新・事業承継税制は改正前とどう変わった?~

平成30年度税制改正にて抜本的な見直しが行われた事業承継税制。 具体的に、どのような点が変わったのでしょうか? 改正前との相違点、 3つのポイント 事業承継税制は、 平成21年度税制改正(円滑化法施行日である平成20年1 […] 続きを読む →

数字でみる相続 4,566億円とは?

平成30年5月、国税庁は『平成29年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について』を発表。 『平成29年分の住宅取得等資金の非課税の申告状況』について、 申告人数は58,000人、非課税の適用を受けた金額が4, […] 続きを読む →

平成30年度の税制改正によって 何が変わった? その1

平成30年度の税制改正により、 相続税や贈与税の特例条件が『緩和されたもの』『厳しくなったもの』『規制されたもの』があります。 そのため、今回から2回にわたり、 条件が変更となった6つの制度を取り上げ、変更点をお伝えしま […] 続きを読む →

子や孫への住宅資金贈与 ~利用したい2つの非課税制度と注意点~

2018年5月30日に国土交通省が発表した『平成29年度住宅市場動向調査』によると、土地を購入した注文住宅新築世帯の平均購入資金は4,334万円でした。 なお、住宅を購入するにあたり、子や孫へ住宅購入費用を援助することも […] 続きを読む →

事業承継成功のために② ~事業承継は、4つの視点に留意する必要がある~

税制改正によって創設された新・事業承継税制に注目が集まっていますが、事業承継は税制に注意するだけではうまくいきません。 事業承継に際しては、税制面に加えて、ビジネス面、法制面、金融面の4つの視点からの総合的アプローチが重 […] 続きを読む →

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.