相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

相続税・最新記事

大幅に相続税を安くできる “小規模宅地等の特例”適用条件とは?

Q 賃貸併用住宅を自宅として建てようと思いますが、相続がスタートした場合、相続税を大幅に安くできる“小規模宅地等の特例”制度を適用できますか? A 一定のケースで適用ができます。 小規模宅地等の特例は、相続税の計算上、自 […] 続きを読む →

子どもや孫の住宅取得をうまく活用して スムーズな財産移転を! 『住宅取得等資金の贈与の特例』とは?

子どもや孫の新居の購入をきっかけに相続税対策ができる仕組みとして注目を集めている「住宅取得等資金の贈与の特例」。非課税となるには条件があり、注意が必要です。 今回は本制度の特徴とメリットをお伝えいたします。 『住宅取得等 […] 続きを読む →

愛する家族への遺産が“名義預金”とみなされないためには?

「愛する家族にお金を残してあげたい」と、配偶者や子、孫の名義で預金口座を作って、預金をその口座に移し変えている方は珍しくありません。 しかし、その方が亡くなった後、税務調査によりその財産が亡くなった方のものだとみなされれ […] 続きを読む →

数字でみる相続 46.5% とは?

 これは、「一般社団法人 全国優良石材店の会」が実施した「2017年お墓購入者アンケート調査」(有効回答数2,423)の中で、「子が親のお墓を建てる事について」という質問に「当然だと思う」と回答した人の割合です。  アン […] 続きを読む →

数字でみる相続 76.9% とは?

『司法統計』によると、平成28年の遺産分割事件における手続代理人弁護士関与率は76.9%でした。 当事者のいずれかに手続代理人弁護士が関与した事件の割合は、長らく6割台で推移していましたが、平成23年以降は毎年純増してお […] 続きを読む →

Q&A 老人ホームで亡くなった父の自宅は 小規模宅地等の特例を受けられる?

Q先日老人ホームに入所していた父親が亡くなりました。 父は自宅を所有していて、私は相続税を少しでも安く抑えたいと思っています。この場合小規模宅地等の特例を受けることはできるのでしょうか? A受けられます。 (条件を満たす […] 続きを読む →

財産管理・遺産承継の手法である『民事信託』とは?

65歳以上の高齢者の4人に1人は、認知症及びその予備軍になると言われています。 もし自分の親が認知症になった時、遺産分割はどうするのか? 一つ間違えば、“争続”の原因にもなりかねません。 そこで注目されているのが 『民事 […] 続きを読む →

収益不動産の相続対策は、 賃貸物件の法人化を検討しましょう!

近年相続税対策も兼ねて、アパートなどの収益不動産に投資される方が多いと聞きます。 しかしながら収益不動産を親が購入した場合、毎月の家賃収入で所得税率が高くなることで納税が増え、また相続財産がどんどん膨らんでいくことが多々 […] 続きを読む →

Q&A 相続人が認知症の場合、遺産分割協議はどうする?

Q  1ヵ月前に父親が亡くなりました。相続人同士で遺産分割協議を行いたいのですが、母親が認知症を患っており、意思を確認できない状況です。どうすればいいですか? A 成年後見制度を活用して母親の代理人を決め、 遺産分割協議 […] 続きを読む →

12345« 前のページ08へ10
小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.