相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

相続税・最新記事

平成30年度の税制改正によって 何が変わった? その2

前回より、平成30年度の税制改正により条件が変更となった6つの制度を取り上げ、その変更点をお伝えしています。 ▽前回の記事はこちら▽ http://zaisan-partners.com/column/2025.html […] 続きを読む →

現金や預金が 名義預金と指摘されるケースとは?

毎年、“暦年贈与で相続税対策をしていたのに、税務署から名義預金とみなされて相続財産に加えられてしまう”といったケースがあります。そうなると延滞税や加算税がかかることも……。 では、現金や預金が名義預金とみなされるのはどう […] 続きを読む →

事業承継成功のために ③ ~新・事業承継税制は改正前とどう変わった?~

平成30年度税制改正にて抜本的な見直しが行われた事業承継税制。 具体的に、どのような点が変わったのでしょうか? 改正前との相違点、 3つのポイント 事業承継税制は、平成21年度税制改正(円滑化法施行日である平成20年10 […] 続きを読む →

数字でみる相続 4,566億円とは?

平成30年5月、国税庁は『平成29年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について』を発表。 『平成29年分の住宅取得等資金の非課税の申告状況』について、申告人数は58,000人、非課税の適用を受けた金額が4,5 […] 続きを読む →

被相続人の預貯金――相続人全員の合意がなければ、おろせない!?

2016年12月19日、最高裁大法廷にて『普通預金債権等が相続の開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象になる』ということが決定しました。 つまり、被相続人が亡くなった場合、普通預金・定期貯金 […] 続きを読む →

引っ張り続けたその会社、後継者に引き継がせるには?

株式会社の“おひとり社長”が、自分の死後、特定の者に会社の事業を引き継いでもらいたいと考えている場合、どのような相続対策をしておけば安心でしょうか? 株式をすべて相続させるだけでは不十分!? 例えば、「長男を後継者として […] 続きを読む →

相続放棄ができるのは3か月以内!? 熟慮期間を延長できるケースとは

前回、遺産の中に借金などの負債が含まれている場合の効果的な対処方法として、“相続放棄”をご紹介しました。 ただし、相続放棄をすると負債などのマイナスの財産だけでなく、プラスの財産も受け取ることができなくなります。また、手 […] 続きを読む →

財産なのに、相続してはNGなものがある!?

親が亡くなり、相続財産は実家の土地と建物だけ、「もらえるものは、もらっておくか」と軽い気持ちで相続した結果、とんでもない“お荷物”を背負わされてしまったというケースが最近散見されます。 後悔する前に、“本当にその財産を相 […] 続きを読む →

数字でみる相続 195.7万円 とは?

日本消費者協会が発表した『第11回「葬儀についてのアンケー ト調査」報告書』によると、葬儀費用の全国平均額は195.7万円でした。 内訳は、葬儀一式費用が約121万円、寺院の費用が約 47万円、飲食接待費が約31万円と、 […] 続きを読む →

12345« 前のページ08へ10
小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.