相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

生前贈与・最新記事

Q&A 相続税の納税期間延長は可能?

Q 相続税が思いのほか高額で、10カ月以内に払えそうにありません。納税期間を延長することはできるのでしょうか? また、期間延長以外に払い終えることができる、良い方法はあるのでしょうか? A 相続税は原則として、相続開始の […] 続きを読む →

相続税を滞納しないための節税対策

相続税は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10カ月以内に申告と納税をしなければなりません。相続税は現金での一括納付が原則とされていることなどから、期限内に払えないケースもあります。もし滞納となった場合にはペナ […] 続きを読む →

知らない間に、贈与税がかかるケースも… 親名義の自宅増築には要注意!

何気ない親子間のやりとりが、知らない間に贈与にあたり、 贈与税が課税されてしまうケースがあります。 中でも特に多いのが、 親子間の不動産取引のケースです。 今回は自宅増築にまつわる例と対処法をご紹介します。 親名義の自宅 […] 続きを読む →

数字でみる相続 1,300件

国税庁が発表した『平成28事務年度における相続税の調査の状況について』では、 相続税における重加算税の賦課(ふか)件数が1,300件と、昨年度の1,250件より50件も増加しました。 重加算税とは、 意図的に税金を少なく […] 続きを読む →

2,500万円まで非課税で贈与できる 『相続時精算課税制度』とは?

贈与税の非課税額は年間110万円以内と定められていますが、条件によって最大2,500万円までを非課税で贈与することができる、『相続時精算課税制度』という制度があり、年間約5万人が利用しています。今回はこの『相続時精算課税 […] 続きを読む →

自身の財産を運営する会社に贈与は可能?

Q 個人から法人に資金を渡す場合、贈与税がかからないと聞きました。 自分の会社に自分の財産を贈与することは可能でしょうか? A 財産贈与は可能です。 しかし、贈与者には譲渡所得税、法人には法人税がそれぞれかかります。 個 […] 続きを読む →

最大で2,000万円!夫婦間での不動産贈与に使える配偶者控除

婚姻期間20年以上の夫婦間で、居住用不動産もしくは居住用不動産を購入するための金銭の贈与が行われた場合に、 贈与税の基礎控除額である110万円の他に、2,000万円までの控除が認められる特例の配偶者控除があります。 配偶 […] 続きを読む →

数字でみる相続 10万5,350件 とは?

日本公証人連合会の発表によると、平成28年の『公正証書遺言』の作成件数が「10万5,350件」であることがわかりました。 この件数は年々伸びており、平成12年と比べると4万件以上増加しています。 『公正証書遺言』とは、裁 […] 続きを読む →

「住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置」の延長とは?

平成27年度税制改正で「住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置」について、適用期限を平成31年6月30日まで延長することになりました。 すでに平成27年1月1日から適用されています。 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受け […] 続きを読む →

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.