相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

急な資産の増加で相続税の負担が増えた! そんなときは法定相続人以外に贈与させよう

近年では高齢の親よりも先に子どもが亡くなり、子どもの資産を親が相続するということがしばしばあるようです。このようなケースの場合、きちんと対策しないと残された子どもに多額の相続税が課税される可能性があります。 1億5,00 […] 続きを読む →

家なき子が不動産を相続すると 相続税が大幅に減少する?

相続人の人数に合わせて均等に資産を相続することよりも、 1人が資産を相続してから代償分割する方が節税できる場合があります。 今回はそんな事例を紹介します。 3人で相続するよりも、 三女のみが相続した方が相続税を抑えること […] 続きを読む →

大阪の会計事務所3,000件から厳選した「不動産・相続税が本当に強い事務所」7選

不動産の評価と相続税納税額は税理士によって変わるのをご存知ですか? その方法は、生前対策でも可能ですが、「申告時」でも変わるのです。 相続税の「実務の専門家」は極めて少なく、医者で言う「心臓外科」のような立場と言えるかも […] 続きを読む →

数字でみる相続 71,762人 とは?

国税庁が発表した「統計年報」によると、平成27年に有価証券を相続財産として残した被相続人数は「71,762人」いることがわかりました。 この数値は年々伸びており、平成26年と比べると2万人弱も増えています。有価証券とは、 […] 続きを読む →

自社株評価額を抑えるにはどうすればいい?

Q 事業承継を検討しているのですが、自社株の評価額が高くて税金が多くかかってしまいそうです。どうにかして抑えられませんか? A 原則的に自社株は、「類似業種比準価額」と「純資産価額」の2つの計算方式によって評価されます。 […] 続きを読む →

平等な相続≠幸せな相続 自社株の分散には要注意!

自社株の相続評価額は、不動産や有価証券といった資産価値に大きく影響されます。 これらの資産価値が高いと自社株の相続評価額も高額になってしまい、事業承継で苦労してしまうケースも少なくありません。そんな理由から「株価の安いう […] 続きを読む →

「法定相続情報証明制度」を活用すれば 面倒な戸除籍謄本等の提出が簡単に!

平成29年5月29日から「法定相続情報証明制度」の運用が開始されました。 本制度を活用すると、法務局や金融機関などへの手続きを同時に、かつ低コストで進められます。 謄本に代わる書類を 無料で発行できる 「法定相続情報証明 […] 続きを読む →

債権者と税務署の両方が怖い! 「債務免除」をめぐる「二枚舌」が招いた悲劇 後編

前編の記事はこちらから 債務免除を受けても地獄 受けなくても地獄 勇さんが創業した会社は、金融機関から多額の債権放棄を受けていました。勇さんは個人資産を供出し、保証債務を負っていたことから、政春さんは相続放棄をしました。 […] 続きを読む →

親族が同時に死亡したときの相続はどうなる?

Q 火災や交通事故、旅客機・船舶事故、地震・津波・洪水などの天災等で親族が同時に亡くなったら、相続はどうなるのですか? A 亡くなった順番が明確ならば、その順番通りに相続が行われます。しかし、どちらが先に亡くなったのか不 […] 続きを読む →

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.