相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

生前贈与・最新記事

数字でみる相続 10万5,350件 とは?

日本公証人連合会の発表によると、平成28年の『公正証書遺言』の作成件数が「10万5,350件」であることがわかりました。 この件数は年々伸びており、平成12年と比べると4万件以上増加しています。 『公正証書遺言』とは、裁 […] 続きを読む →

「住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置」の延長とは?

平成27年度税制改正で「住宅取得資金に係る贈与税の非課税措置」について、適用期限を平成31年6月30日まで延長することになりました。 すでに平成27年1月1日から適用されています。 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受け […] 続きを読む →

ニトリの「争族」事例に学ぶ生前対策と遺言の大切さ

家具製造小売最大手のニトリホールディングス(以下ニトリ)の社長・似鳥昭雄氏が、父の義雄氏のニトリ株式会社の相続をめぐって親族から訴えられているケースは、規模も知名度も大きく、世間の注目の的となりました。 生前対策と遺言が […] 続きを読む →

「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」とは?

平成27年度税制改正で「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」という制度が創設されました。 適用時期は平成27年4月1日から平成31年3月31日までの4年間。 どのような制度なのでしょう? 続きを読む →

税制改正大綱の「目玉」は相続税対策に使えるのか?

平成27年度税制改正大綱の目玉のひとつが「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置(以下、結婚資金等贈与制度/関連記事はこちら)」。 大綱の記載内容を見ると、平成25年度税制改正により創設された「教育資金の一括 […] 続きを読む →

2,500万円までの贈与は非課税の制度

相続時精算課税制度は、生前の贈与に2,500万円までの特別控除を認める制度です。 その名の通り、被相続人が亡くなったときに、生前贈与分と亡くなったときの財産を合算して相続税を計算するというものです。 つまり、実質的な節税 […] 続きを読む →

毎年コツコツ節税をする暦年贈与の3つのポイント

相続税を節税するポイントは課税対象になる被相続人の相続財産を減らすことです。 相続財産を減らすためのひとつの方法として「贈与」があります。 もちろん、贈与をすれば贈与税がかかるのですが、贈与税にも節税の方法があるのです。 […] 続きを読む →

今人気の「教育資金贈与」には落とし穴がある!

子供1人当たり1,500万円までの贈与が非課税になる教育資金贈与が人気です。 しかし、贈与するにも思わぬ落とし穴があるのをご存知ですか? 実は、養子縁組前に生まれた養子の子には適用されないのです。 ※記事内の名前はすべて […] 続きを読む →

配偶者や子、孫名義で預金すると税務調査でチェックされる

「愛する家族にお金を残してあげたい」と、配偶者や子、孫名義で預金口座を作って、せっせと財産を移し変えている方は珍しくありません。 しかし、注意しないとご自身が亡くなった後、税務調査でトラブルになる可能性があります。 続きを読む →

小さな疑問でも専門家に聞けば安心!まずはお気軽にご相談ください

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.