相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

税制改正大綱の「目玉」は相続税対策に使えるのか?

平成27年度税制改正大綱の目玉のひとつが「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置(以下、結婚資金等贈与制度/関連記事はこちら)」。 大綱の記載内容を見ると、平成25年度税制改正により創設された「教育資金の一括 […] 続きを読む →

相続税で頼れるプロを選ぶ3つの方法

「税理士」は税金の専門家です。 「少なく見積もっても、相続財産が基礎控除の額を超えていそうだ、相続税が心配だ」というように相続にもかかわる税金で不安を抱えている人は、税理士に相談するのが一番だと思います。 続きを読む →

2,500万円までの贈与は非課税の制度

相続時精算課税制度は、生前の贈与に2,500万円までの特別控除を認める制度です。 その名の通り、被相続人が亡くなったときに、生前贈与分と亡くなったときの財産を合算して相続税を計算するというものです。 つまり、実質的な節税 […] 続きを読む →

毎年コツコツ節税をする暦年贈与の3つのポイント

相続税を節税するポイントは課税対象になる被相続人の相続財産を減らすことです。 相続財産を減らすためのひとつの方法として「贈与」があります。 もちろん、贈与をすれば贈与税がかかるのですが、贈与税にも節税の方法があるのです。 […] 続きを読む →

節税で最初に手をつける相続財産=不動産

相続で節税しやすい財産は不動産です。 不動産は所有形態や形状、用途によって評価が大きく変わります。 そうした不動産の性格を活用して不動産の評価を下げるのが節税のポイントになります。 アパートを建てると土地の評価が下がる? […] 続きを読む →

生命保険で相続税を節税するポイント

生命保険というと、医療保険のように将来の病気に備えるとか、死亡保険のように遺族が生活費に困らないように備えるというイメージがあります。 その名の通り、何か問題がおきたときの保険として考えている人が少なくありません。 とこ […] 続きを読む →

分け方で相続税が節税できる3つのポイント

相続財産は分け方次第で相続税を節税することができます。 相続税は原則として、相続人個々の相続財産に対して、課されるものです。 ですから、どの相続人に、どの財産を、どれぐらいの額、相続させるかをうまく行うことによって、ある […] 続きを読む →

遺言をつくることの3つのメリット

「誰にどれだけ、財産を分けられるのかを知る」と「財産がどれだけあるのかを把握する」の2つの事前準備ができれば、それを遺言として残すことが、相続の事前準備の締めくくりとなります。 遺言の目的は、遺産分野に関するトラブルを防 […] 続きを読む →

さまざまな控除で相続税の負担を減らす

相続のための事前準備のポイントは2つあると、これまで紹介してきました。 繰り返しになりますが、その2つのポイントとは、ひとつは「誰にどれだけ、財産を分けられるのかを知る」こと。 もうひとつは、「財産がどれだけあるのかを把 […] 続きを読む →

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.