相続税対策・事業承継・評価方法・土地活用のお悩み解決!

運営団体アクセスサイトマップ

相続にまつわる税金は不動産しだい? 今から確認しておきたい、特例の適用要件

高齢大国ニッポンの日常風景と化した高齢者の一人暮らし。今はまだ元気だからいいけど、もしもの時にどうしたら? 今回は相続した自宅の売却をテーマに、2016年の税制改正大網で創設された『小規模宅地の特例』について遺言書の有無 […] 続きを読む →

数字でみる相続 48万9千人 とは?

国税庁が発表した「平成27年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」によると、暦年課税を適用した申告人数が48万9,000人いることがわかりました。 暦年課税を適用した申告人数は、平成26年度(47万人) […] 続きを読む →

3兄弟の内1人にすべての自社株を贈与した場合、相続でどのような問題が起きるか?

Q 私は製造業を営んでおり、妻と息子が3人います。素直で真面目な三男を後継者として決め、自社株のすべてを相続時精算課税により生前贈与しました。また「妻には自宅(4,000万円)を残し、息子3人は預金(1,000万円)を3 […] 続きを読む →

一歩間違えれば多額の贈与税がかかってしまう? 暦年課税制度の正しい活用方法

相続税対策は早ければ早いほど良いです。何故ならさまざまな手法を検討できます。取り組むことで節税につながる“贈与”は、その代表例のひとつといえるでしょう。 生前贈与と言っても、教育資金や結婚資金の一括贈与や相続時精算課税制 […] 続きを読む →

贈与? 遺贈? 孫へ財産を残すのにはどうすればいい?

通常孫は法定相続人ではないので、財産を残すには贈与や遺贈などを検討する必要があります。 今回は、孫へ財産を残すための方法をご紹介します。 関係者の状況によって 効果的な贈与方法は変わる 贈与や遺贈には、相続税の節税効果が […] 続きを読む →

数字でみる相続 2.82% とは?

国税庁が平成27年の相続財産種類別の被相続人数によると、売掛金を相続財産とした被相続人は2,909人いることがわかりました。 この人数はすべての被相続人103,043人のうち2 .82%を占めます。 決して多い数字ではあ […] 続きを読む →

回収が見込めない債権を放棄する場合 贈与税がかかるって本当?

Q 父の財産は5,000万円の債権しかありません。債務者からの回収が困難だと予測されるので、債権放棄を検討しています。債権放棄をすると債務者に贈与税が課税されるのですが、債務者が払えない場合は父が代わりに贈与税を支払うこ […] 続きを読む →

節税対策として注目が集まっている? 孫を養子縁組にするメリットとデメリット

最近、相続税対策として認められる判決が出たことで話題になっている“養子縁組”。 芸能界のある大御所が、自分の孫を養子にしたことでもニュースになりました。 今回は、養子縁組を活用した相続税対策のメリットとデメリットを紹介し […] 続きを読む →

数字でみる相続 696万人 とは?

厚生労働省が2015年に発表した「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」によると、2025年には認知症患者数が696万人になると予測されています。 この数値は2012年の認知症患者数と認知症有病率をもとに […] 続きを読む →

相続・贈与相談センター

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3階
TEL:0120-736-339
FAX:03-5420-2800

Copyright (C) 相続・贈与相談センター All Rights Reserved.